看護師の転職先の選び方

看護師の転職先の選び方も一般の職業と同じで勤める人のライフスタイルで何処に重きを置いているかで違ってきます。どの医療施設でも患者の体を第一に考え責任のある仕事ということは変わりませんが、自分の家族の為の家事などがあるのなら夜勤がない入院患者を受け入れていないクリニックなどや、自分のスキルを上げたいのなら大学病院などクリニックでは受けられない難しい病状患者がいる専門知識がより細かく習得できるところなど様々な選択があります。

転職を考えたときに同じ理由で次の職場を退職しないように勤め先の評判や雇用条件を調べておくのは大事なことです。スキルのためとは言え自分の許容範囲以上のハードワークや勤めてから雇用条件が違っていたなどのことが無いようにするためです。

転職してすぐに辞めてしまっては自分のキャリアに傷がついてしまいますので、転職を考えたなら辞めてしまってから探すのではなく在職中に充分な期間を取って調べることが条件の良い職場に就職することに繋がります。

看護師の転職は知人の紹介を利用してみる

看護師が転職を考えるときには希望の職務先をよく調べることが大事ですが自力で調べるには限界があります。知人の紹介があると紹介者に職場の内情を詳しく聞けるので部署の雰囲気を知ることが出来ます。一緒に働くために紹介してくれるのならば職場のマイナス面やメリットなどを教えてくれるので働きやすい環境になりますが、紹介者の退職と入れ替わりに紹介された場合は退職理由を必ず詳しく聞く必要があります。

結婚・出産で退職する場合は問題ありませんが、人間関係が難しい職場や雇用条件が過酷で退職する職場に勤めても長続きしませんからキャリアに傷がついてしまいます。信頼できる知人の紹介でも感じ方は人それぞれですから、自分には合わない場合もあるので紹介者によく話を聞いた上で、面接時に条件を必ず確認してから決定するのが無難です。

責任の重い看護師という仕事ですから、快適に仕事をするための環境を他人任せでは無く自分で確認することが大事です。

看護師の転職のデメリット

体力的にも精神的にも負担が大きい看護師の仕事は求人も多く転職しやすい職業ですが、短期間に転職を繰り返すのはキャリアに対してのデメリットとなるのでよく考えて転職する必要があります。だからといって履歴書に虚偽記載するのは人の命を預かる職業看護師としてもっての他ですし、就職してからの仕事ぶりからすぐにばれてしまいます。

どの職業もそうですが転職の際には自分のキャリアについてよく考える必要が生じてきます。これまで勤務してきた所属部署で何をやってどんなことを習得したかを考えてまとめなければいけませんが、勤めてきた年数も立派なキャリアになります。看護師の仕事で同じ場所で長く勤務するということは、それ相応の知識と精神力があるということを示すからです。

人と接っして仕事をする看護師で短期間で転職を繰り返していては対人関係に対する能力が低いと判断されてしまうので気をつけ、技術の習得は将来的に役に立つ事を念頭に置いて仕事をするのが得策です。

新人看護師で転職するなら

新人看護師のうちは転職せずに基本を身に付けるべきです。とうぜん、仕事はきついものですが、今頑張らないと看護師としての明るい未来はありません。

なので、新人のうちにどうしても転職するなら自分の専門性や強みを身に付けるため、病棟勤務を捨てるというのもありかもしれません。

例えば、透析室。下記のページで書かれているように新人看護師はすぐに勤まるような場所ではありませんが、透析なら誰にも負けない看護師になるためには早い段階でその世界に入ることも考えてみましょう。

http://www.keith-brame.com/tensyoku/toseki.html

サブコンテンツ

このページの先頭へ